ちきりやガーデン  TEL 075-571-1500(代)

Slider
造 園

~自然と共にある暮らしを~

 

公共・民間各庭園工事・造園設計施工・維持管理・エクステリア・外構工事

 

弊社造園部は、創業から15年後の昭和36年(1961年)会社の設立と共に発足しました。

長い歴史が培った寺社仏閣や町屋の庭園文化の中心地京都において、弊社は造園業として、その歴史も実績も全くありませんでした。

造園部立ち上げ直後、高度成長期時代のニュータウン造成工事をはじめとして都市近郊のスポーツ公園など公共工事の実績を積み上げることで、少しずつ存在を知っていただく事となり、これまで手掛けてきた、公園や施設が何年、何十年たっても今なお、みどりが豊かにあふれる中を憩いの場として集う人の姿を見ると、この仕事に関わらせて頂いた幸せと喜びを感じます。

洋風建築の増加に伴い洋風庭園のニーズも高まり家庭のガーデニングから街の公共事業まで、私たちは、多様なスタイルの庭づくりを手掛けてまいりました。

お庭の規模に関わらず、私たちが大切にしているのはお客さまとのコミュニケーション。

個人のお客様には、ライフスタイルや、植物のある暮らしをどのようなイメージでお望みなのかをお聞きしながら、建物と庭が調和した、その土地に適したプランを一緒に作成いたします。

生花部と連携しその場所に適した植栽、造園をトータルに提案できるのも弊社の強みです。

庭の5年後、10年後のイメージができてこそ、プロ。季節ごとに変化する庭の様子や成長をお客さまとともに観察し、時間をかけて理想のスタイルに庭を完成させていくサポートをさせていただくことが私たちの喜びです。

庭は生き物ですから、身体と同じようにメンテナンスをすることで、いつまでも美しい空間をお楽しみいただけます。

京都競馬場

京都競馬場
《日本中央競馬会発注》

京都競馬場は造園部だけでなく、生花部・貸植木部を含め全社的に長きにわたってお世話になっています。
時代の移り変わりにより、それぞれのお付き合いのあり方も変わってきましたが、現在でも様々な形で関わらせて頂いています。
このつながりは「信頼」という、これまでの努力の積み重ねによるものであり、ちきりや60年の歴史の中でも、なくてはならない存在です。

【1965 年(昭和40 年)~】

阪神競馬場

阪神競馬場
スタンド改修に伴う造園工事
《日本中央競馬会発注》

阪神競馬場全体改修工事の中で、大手ゼネコンとの共同企業体組み、約1年半の工事でした。
スタンド工事、馬場工事、造園工事に分かれ、各々のJV が工事の調整を取り合い、今までにない競馬場が完成しました。スタンドでは蝶の羽のような屋根が付き、また芝スタンドができました。馬場では、直線で高低差のあるコースができ、造園工事では、子供たちが楽しめる、噴水・遊具・ミニ鉄道ができました。家族全員で楽しめる競馬場です。

【1991 年(平成3 年)完成】

国際花と緑の博覧会

国際花と緑の博覧会 花の谷花壇植栽工事管理工事
《(財)国際花と緑の博覧会協会発注》

植栽工事から開幕期間の維持管理作業、約1 年の長い工事でした。春夏秋冬それぞれの季節に応じた作業、植栽工事では樹木の配置、また設計のイメージを損なわないように気をつけ作業しました。開幕期間中の維持管理作業では、期間中に訪れた方々にきれいな花卉類を見て頂くために昼夜を問わず管理しました。
植物を日々管理することに難しさを改めて考えましたが、楽しかったです。
【1990 年(平成2 年)完成】

みどり豊かな街づくり
おもな公共工事。

自然の移ろいを楽しむ人に優しい街づくりを目指した創業30年以降の代表的な工事をまとめました。

京都府立学研記念公園都市施設整備

京都府立学研記念公園都市施設整備
《京都府発注》

京都府相楽郡精華町で開催された「全国都市緑化きょうとフェア」「けいはんな学研都市フェスティバル」で使用された会場跡地を整備した公園です。関西文化学術研究都市のシンボルとして完成。現在では様々なイベントで季節ごとに大変な賑わいを見せています。
工事では、全国から様々な樹木、巨石等が運び込まれて整備されました。
今後も成長を続ける公園を楽しみたいと思います。
【1994 年(平成6 年)8 月完成】

about-zouen_05

梅小路公園整備 いのちの森
《京都市発注》
「平安遷都1200 年」を記念して、今まで使用されていた公園の再整備工事です。
元々公園にあった樹木を利用し、それらとのバランスを取りながら新しい樹木を植栽しました。京都市民はもとより、全国からの来園者を歓迎するような公園になりました。
また、ビオトープなど公園で何かを学べるような施設もふんだんに取り入れました。
【1996 年(平成8 年)3 月完成】

折戸公園整備

折戸公園整備
《京都市発注》

京都市山科区に六兵ヱ池という池があった場所を利用整備した公園です。きれいな湧水が絶えることがなく、これを利用した池、流れを整備しました。
小さいながらもゲートボールが出来る広場、木製複合遊具、ふんだんに使われている高木による木陰があります。又、夏には流れを堰き止め、様々な遊びが楽しめるようになっています。
整備前は水辺が危険で立入防止柵がありましたが、公園として整備された事で誰もが水に対して安全に楽しく利用できるものとなりました。
【1998 年(平成10 年)3 月完成】

六兵ヱ池公園整備

六兵ヱ池公園整備
《京都市発注》

京都市山科区に六兵ヱ池という池があった場所を利用整備した公園です。きれいな湧水が絶えることがなく、これを利用した池、流れを整備しました。
小さいながらもゲートボールが出来る広場、木製複合遊具、ふんだんに使われている高木による木陰があります。又、夏には流れを堰き止め、様々な遊びが楽しめるようになっています。
整備前は水辺が危険で立入防止柵がありましたが、公園として整備された事で誰もが水に対して安全に楽しく利用できるものとなりました。
【1998 年(平成10 年)3 月完成】

西宇治公園整備(造園)

西宇治公園整備(造園)
《宇治市発注》

京都府宇治市小倉町蓮池に完成していた、西宇治公園体育館を中心とする運動公園内の整備工事。
新たに人工芝テニスコート2 面(ナイター照明付)、全天候型テニス練習コート、ゲートボール場、駐輪場他整備により公園施設の完成となりました。ゲートボール場は地域では初めての公式戦の出来る規格になっています。休憩場、水飲み場、高木の移植による木陰など公園利用者の憩いの場になっています。
【1999 年(平成11 年)10 月完成】

山科駅前再開発に伴う植栽

山科駅前再開発に伴う植栽
《京都府発注》

これから山科のシンボルとなる様に願いを込め、植栽しました。樹木の種類、本数、場所は設計で決まっていましたが、実際には樹木の枝ぶり大きさ等、図面では表現できない部分を考え、周辺環境に沿った景観に仕上げる事が出来ました。
現在では、それぞれが大きく育って立派な街並みを形創り、人々の往来と共に季節を移行しています。これからも元気に育っていくように見守りたいと思います。
【1999 年(平成11 年)3 月完成】

生花園芸実例写真1

「桃山 語り部の道」植栽
《京都桃山ライオンズクラブ発注≫

京都桃山ライオンズクラブ40 周年事業の一環として、宇治川派流・伏見港公園の園路周辺一帯にソメイヨシノ117 本、ユキヤナギ1840 株、シダレザクラ7 本を植栽させて頂きました。施工延長約4km の遊歩道での作業で、車両・重機が入ることが出来ず、全て手で運び、人力作業で苦労しました。
現在では「桃山語り部の道」として、市民の憩いの場所になっています。又、季節毎のイベントもあり、特に春の桜祭りは毎年大勢の観光客で賑わいを見せています。
【2002 年(平成14 年)3 月完成】

夢をかたちに、個人宅の庭づくり。
一戸建て住宅を購入される方の夢には、必ずと言っていいほど自分の庭を持つことが挙げられます。
長いお付き合いが嬉しい仕事です。

個人宅のお庭づくり 費用・施工事例はこちら

jaJapanese
jaJapanese